VSCodeでJavaのExceptionを発生させる方法

VSCodeでJavaのExceptionを発生させる方法

概要

VSCodeでJavaのテストやデバッグを行う際に意図的にあるExceptionを発生させる方法です。

環境

  • Java 13
  • Visual Studio Code 1.37.1
    • アドオン:Java Estention Pack

Windows10, macOS Catalina 10.15で確認しています。

方法

サンプル

エディタの左側をクリックしてブレークポイントを貼ります

デバッグを実行
→ブレークポイントで止まる

デバッグコンソールで「throw new NullPointerException("hoge fuga");」など発生させたいExceptionをthrowする。("hoge fuga"はExceptionのメッセージで、なくてもOKです。)

今回の例では結果は以下のようにcatch内の処理が実行されます。

catch Exception (java.lang.NullPointerException: hoge fuga)

まとめ

VSCodeでJavaのExceptionを発生させる方法でした。
慣れてる方からすると当たり前なのかもと思いましたが、自分が探した時に意外と情報がなかったためまとめてみました。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *