k8sのPod上でツールを動かしたいときの小ネタ

k8sのPod上でツールを動かしたいときの小ネタ

概要

k8sのPod上で動作しているアプリの問題発生時の解析などのために、一時的にツールを動かしたいがdeploymentのマニュフェストを書き換えてインストールしたりは面倒などのケースがあると思います。そういった場合ににPVでホストにマウントしているディレクトリを使うと便利だよという話です。

条件:PVなどの設定でPodとホストマシンのディレクトリをマウントしている

ツールをPodに置く

こちらは単純にマウント先のディレクトリにツールを置くだけです。
Podにログイン(※)後、マウントディレクトリに移動すると、ツールが置かれてると思いますのでそれを実行します。

Podからファイルを取り出す

ツールで実行した結果などをファイルとして取得したいときも、同様に出力先をマウントディレクトリを指定するだけです。
ホストマシン側でマウントディレクトリからファイルを取得できます。

まとめ

Podの再起動で消えないようにホストマシンにマウントしているケースなので使えるやり方です。
多分運用などで推奨できるやり方ではないと思いますので、バグ解析などで一時的に使いたいときに利用するのが良いかと思います。
他にやり方わからずこのようにしていますが、もっといいやり方ご存知の方がいましたら教えていただけると嬉しいです。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *