MongoDBのSSPLライセンスについて(SaaSでの使用について)

MongoDBのSSPLライセンスについて(SaaSでの使用について)

概要

MongoDBのライセンスがServer Side Public License(SSPL)というものになっています。一応オープンソースライセンスというものの、商用ライセンスを購入するかソースコードを公開しろというような記載もあり少し調べてみました

ざっくりいうとMongoDBの機能をそのまま使わせるはNG、クラウドサービス内のデータベースとして利用するのはOKの模様

公式のFAQを見ると、以下のように書いてありました。
https://www.mongodb.com/licensing/server-side-public-license/faq

What are the implications of this new license on applications built using MongoDB and made available as a service (SaaS)?

The copyleft condition of Section 13 of the SSPL applies only when you are offering the functionality of MongoDB, or modified versions of MongoDB, to third parties as a service. There is no copyleft condition for other SaaS applications that use MongoDB as a database.

google先生でそのまま翻訳すると以下

MongoDBを使用して構築され、サービス(SaaS)として利用可能になったアプリケーションに対するこの新しいライセンスの影響は何ですか?

SSPLのセクション13のコピーレフト条件は、MongoDBの機能、またはMongoDBの修正バージョンをサードパーティにサービスとして提供している場合にのみ適用されます。 MongoDBをデータベースとして使用する他のSaaSアプリケーションには、コピーレフト条件はありません

私のイメージはこんな感じです。(間違ってたらすみません。。。)

<ダメなケース>

<良さげなケース>

まとめ

ということで何かしらのアプリケーションやサービスを提供するときのNoSQLのDBとしてMongoDBを利用する場合には問題なく利用できそうですが、細かい条件などは上記の公式のFAQなどを見て調べて見るほうが良いと思われます。

おすすめ参考文献・書籍

MongoDB公式
https://docs.mongodb.com/manual/

やってみようNoSQL MongoDBを最速で理解する
https://qiita.com/Brutus/items/8a67a4db0fdc5a33d549

MongoDBを始めた頃に知っていたら、と思う14のこと
https://www.infoq.com/jp/articles/Starting-With-MongoDB/

↓はkindle(のみ)の書籍になりますが、kindle unlimitedの方は無料で読めるようです。

MongoDB 解体新書: これ1冊で即実践レベル!究極の入門書 (専門書)

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *